年収が下がる転職をしてしまう人が失敗してしまう2つの原因と対策方法

増やす

転職を考えるときに最も注意しなければいけないことは何でしょうか?

それは給料を上げようと思って転職をしたのに、下がってしまうことですよね。

銀行員ケンドラ
年収をアップするための戦略を伝えるよ!

正しい業種や企業を選択しているか?

そこは年収を下げないために注意するべき二つのポイントをお伝えいたします。

年収1000万円を目指すのであれば、その業界が1000万以上の年収が見込める業界であること

さらにその中で1000万円以上の年収を払ってくれる会社を選ぶこと、この2つが重要です。

どの年齢で年収1000万円を目指すのかゴールを設定しよう。

業界を選ぶときに注目したいのがどの年齢で年収1千万円を達成できるかです。

サラリーマン人生を最後まで勤め上げ、最後に社長や役員になれば年収一千万になれるという考えは

あまり良い選択ではありません。

当然ながら社長や役員等になるには、出世競争があるからです。

あなたが、必ず社長や役員のようなポストにつける保証はございません。

そこでおすすめしたいのが、若くして年収一千万を目指せる業界です。

まずはどのような業界で若くして年収一千万を目指せるのかを調査するところから転職活動を開始しましょう。

給料が安い業界、会社は今後も安いまま。高年収の業界への業界変更も検討してみよう。

まずは1000万以上稼げる職業がどのようなものがあるかという観点で調べてみましょう。

今の自分のスキルで年収1000万円を目指せるかどうかということでは無く、

もしあなたがサラリーマンとして働きながら年収1000万円以上を目指すには、

業界・会社を選ばなければ目指せないということは分かるはずです。

いまの自分の職業と転職先では、同じ業種を選ばなければならないと考える方もいるかもしれません。

けれども、転職というのは必ず今までやってきたことをやらなければいけないというものではありません

全く新しい職業についてもいいのです。

まずはあなたの培ってきたスキルが年収一千万以上の業界で通じるスキルなのかどうかというのを考えてみてください。

もし年収一千万円以上の業界に、自分が通じるスキルがあるか分からないとお考えの場合は転職アドバイザーに

相談してみることをお勧めします。

きっと客観的な意見をくれるはずです。

高年収業界にも給料の安い会社はある

一つ注意していただきたいのが年収が高い業界の中でもさらに高い年収を払ってくれる会社に入ることです。

年収が低い会社の中で高い給料を貰うのはとても難しいことです。

ピンキリという言葉があるように同じ業界の中でも給料が高い会社と安い会社があります。

今はネットで給料がどれくらい払ってもらえるのかを調べることができる時代です。

あらかじめネットで調べるのも良いですし転職アドバイザーに相談するというのもありでしょう。

ネットや人、支えるものは全て使って効率的に年収を上げるこれが転職のコツです。

1度会社に入社してしまえばすぐに辞めるということは難しいでしょう。

転職先は、よく見る有名な会社で決めず、ネットの口コミもできる限りリサーチしよう。

よくわからないけれども有名だから入ってしまった、

テレビでよくやっている会社だから入ってしまった

ネット広告でよく見かける会社だから入ってしまった

色々なケースがあるかと思いますが、

失敗を防ぐための最も重要な対策はリサーチです!

ネットの口コミから職場環境や年収情報をリサーチしましょう。

繰り返しになりますが転職をして年収1千万以上を目指す場合は

年収一千万以上払ってもらえる業界に入ること

次に年収一千万以上払ってもらえる会社に入ることこの二つに注意をしてください。

リクナビNEXT

マイナビ転職マイナビ転職

DODA

ランスタッド

JACリクルートメント

《稼ぐ力》年収1000万円(8桁)を収入を増やすには転職が最速。転職エージェントを活用しよう。

転職情報サイトは登録すればするほど、高収入になる確率が上がる理由